高濃度ビタミンC点滴療法では、老化の原因とされる活性酸素を無毒化する確実な抗酸化作用が得られます。しみ、しわ、たるみ、アトピーなどの肌の改善、アンチエイジング、免疫力の強化、ストレス緩和、疲労回復、かぜ、動脈硬化予防、抗ウィルス作用(インフルエンザ予防)、発がん予防、抗うつ作用、血液サラサラ効果があります。
厚労省が推奨するビタミンCは100mg/日でレモン5個分になります。
高濃度ビタミンC点滴療法では25g~100g(50gをレモンで換算すると2500個分)のビタミンCを点滴で体内に入れるのでビタミンCの血中濃度がかなり高くなります。
これほど大量のビタミンCになると、栄養素というより抗酸化ビタミンとして血管内で化学反応がおこり過酸化水素が発生しこれは体に毒となります。
ですが体の正常細胞は過酸化水素をカタラーゼによって無毒化できます。
逆にがん細胞はカタラーゼ活性が低く、毒である過酸化酸素を取り込んでしまいがん細胞自身が死滅していきます。
ビタミンCによる抗がん作用を期待するのであれば血中濃度が3500~4500μg/ml必要といわれていますが通常の経口摂取時は10~20μg/mlなのでいかに高濃度なのかということです。
ただ、抗アレルギー目的であれば900μg/mlくらいの濃度でいいなど目的によって、維持量が異なってきます。
この治療で目立った副作用はありません。低血糖症状、低カルシウム血症などがありますが重篤なものはありません。ただ、G6PD酵素異常症の場合に溶血を起こす場合があるのでビタミンC点滴を受ける患者さんにはG6PD検査(血液検査)を受けて正常であることを確認した上で治療させていただきます。

治療の流れ

CTスキャナ

初回はビタミンC 25gを投与します。 
2回目は体格に合わせて50gか75g使用して血中ビタミンC濃度を測定します。
この値をみて今後の点滴量を目的別に決めていきます。
その後は治療目的に合わせて継続することになります。
理想的には週2回を3ヶ月、週1回を6ヶ月、 その後は月2回程度、継続していきます。

価格

  ・ビタミンC 25g
10,000円
  ・ビタミンC 50g
15,000円
  ・ビタミンC 75g
18,000円
  ・ビタミンC 100g
20,000円
  ・G6PD検査
4,000円
  ・血中ビタミンC濃度測定
4,000円